12月4日に米国の主要株価指数が最高値を更新した翌週、日本株は概ね堅調に推移しました。ただ、7~11日の5営業日で日経平均株価は98円下落。新型コロナの感染が再拡大していることなどを理由に、急ピッチで進んだ株高のスピード調整が入ったイメージです。

一方の米国もS&P500やナスダックが12/8に再度高値を更新する場面があったものの、全般的な値動きは一進一退で、12/11までの5日間でNY ダウは171ドル下落しました。

年末に向け、株価はどう動きそうか、投資家はどんなイベントに注意すべきかを解説します。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ