はじめに

まさに小さな高級車。それでも欲しい最上位グレード

前述したようにルーテシアには3つのグレードが設定されます。

最廉価の「ZEN(ゼン)」が236万9,000円、主力グレードの「インテンス」が256万9,000円、そして最上位グレードの「インテンス・テックパック」が276万9,000円となります。

ZENは受注生産になりますが、それでもACCやLEDライト、さらにステアリングヒーターまで標準装備されます。ただこのクルマの快適性や立ち位置などを考えるとベストバランスはBOSEサウンドシステム(音のバランスが優れています)、前述したアンビエントライトの調整機能やマルチセンスなどを搭載した「インテンス」がオススメです。

ただ筆者としてはさらに20万円出しても「テックパック」が欲しくなります。

理由はACCにプラスして自動車専用道路を走行時に車線の中央を走らせるようサポートする「レーンセンタリングアシスト」はこのグレードにしか設定は無く、さらに他グレードではオプション対応もしていません。

要はこれとACCとの組み合わせは日産の「プロパイロット」と同じなのです。制御の仕方は両社とも異なりますが、これも冒頭に述べたアライアンスのひとつと言えます、同様に「360°モニター」も日産とのアライアンスによるもの。また「レザーシート」や「シートヒーター」もこのグレードのみの設定となります。

インテンスとの価格差は20万円ですが、高速道路を走る機会があり、コンパクトでも上質なクルマに乗りたい人には「価値ある20万円高」と言えるでしょう。

いずれにせよ、クラスレスとも言える「小さな高級車」に仕上がった新型ルーテシアは今後日本市場でもさらに存在感を増していくと思います。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。