はじめに

銀行によって対応は大きく変わる

上記した郵送などの手続きは、すべての銀行が柔軟に対応してくれるかは未知数です。

休眠預金は大部分が1万円未満の少額で、少額だからこそ本人が忘れている場合も多いのです。1000万円や1億円の預金なら、本人でも親でも忘れる人はいないでしょう。何十年も預金取引がなかった顧客のために、経費や手間を掛けてまで解約に応じる必要はないと考える銀行もあります。

ですから、「とにかく本人が来店してください。来なければ応じられません」と押し切られる可能性もあります。そうなってしまったら、いつの日か観光旅行で行くまで我慢するか、交通費を考えて諦めるのか。残念ながらそれしかやりようはないのかもしれません。

私も遠方の銀行に休眠預金を持っているのですが、自分では以下のように考えて(言い聞かせて)納得しています。

「休眠預金等活用法で、誰かの役に立つなら、それはそれで良いかな?」

<参考 政府広報オンライン/放置したままの口座はありませんか?10年たつと「休眠預金」に>

この記事は参考になりましたか?