はじめに

お金を増やすためには、どんな心構えが必要なのでしょうか。そこで話を聞いたのが、投資家・遠藤洋さん。ベストセラーとなった『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』のタイトル通り、少額を元手に資産を築いています。そんな彼は、お金を増やすために「テクニックと同じくらい“考え方”が大切」と言います。その意味を詳しく聞きました。


お金がなくなる「浪費」、お金が増える「投資」

――遠藤さんは1銘柄に集中投資する「小型株集中投資」の手法で資産を拡大しました。今回はその手法を聞く前に、お金持ちになるための“心構え”や“考え方”を知れたらと思います。

心構えは重要だと思います。というのも、資産を作れる人と作れない人を見ていて、一番違いを感じるのは「お金の使い方」なんですよね。つまり、お金に対する哲学に差があるんです。たとえば、よく「お金は使えば使うほど増える」なんて言われますよね。あの言葉、正直意味が分からなくないですか?(笑)

――お金を使うほど、巡り巡って自分のもとに戻ってくる……みたいな、フワッとした理解しかないかもしれません(笑)

僕も大学時代にこの言葉を聞いて、いまいち意味が分からなかったんです。でも今は分かるんですよね。正確には「(使い方を間違えなければ)お金は使うほど増える」。カッコ書きが入るんです。

――使い方を間違えなければ……

はい。お金の使い方は大きく3つあると思っていて、「消費」「浪費」「投資」です。そのうち「投資にお金を使う人は増えていく」ということです。ここでいう「投資」とは、資産運用だけではない、もっと広い意味の投資です。

3つの使い方を定義すると、消費は「今を生きるために使うお金」。家賃や食費など、必要不可欠なものです。浪費は「過去に頑張った自分へのご褒美」。分かりやすい例は、贅沢な食事やブランド品ですかね。そして投資は「未来の自分を良くするためのお金」です。本や勉強が分かりやすい例。お金をかけても、いつかそれが自分に返ってくる可能性があるものです。

――浪費ばかりしてもお金は増えないけど、投資ならお金は増えていくかもしれないと。

“必ず”とは言えませんが、浪費と比べれば、増える可能性はあるはずです。たとえば飲み会も、グチを言うだけか、前向きな改善策や新しいアイデアで盛り上がって仕事に繋げるかで、浪費と投資の違いが出てくるでしょう。

株式投資もそうですよね。余ったお金が10万円あるとして、使うのは簡単なんです。旅行とか美味しいもの食べるとか。するとすぐになくなる(笑)。もちろんそれも否定しませんが、10万円を投資に回せば、1年後には2倍になる可能性があります。浪費をすると一瞬でお金がなくなりますよね。そう考えると、僕は浪費より投資に価値があると思います。

この考え方を身につけている人は、お金を増やしやすい印象なんですよね。

――遠藤さんは、その考えがあったからこそ、学生時代に投資を始めたんですか?

いやいや、当時は何にも分かってなかったですよ(笑)。本当に暇つぶしで株式投資をはじめて……。その時に投資でお金が増えたことを体験してから、この考えが強くなりましたね。

――実体験から生まれた考えだったんですね。

そうですね。みなさんも実際に体験すれば分かっていただけると思います。日本人の多くは、自分の「資産」を使ってお金を増やした経験がないんですよね。普段の給料は、自分の「時間」を差し出して、報酬という対価をもらう。これはみんな慣れているんです。

でも株式投資は、自分の「資産」を運用する。時間ではなくお金を出して増やすのです。みんなはじめはほぼ未経験なので怖いものだと思います。