はじめに

お金を増やす王道の方法は「仕事の収入」を上げること。簡単ではありませんが、実は収入アップのコツは「投資に似ている」と言う人がいます。投資家・遠藤洋さんです。前回に引き続き、ベストセラーの著書『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』で知られる遠藤さんに、仕事での収入アップの考えを聞きました。


時間を「浪費」ではなく「投資」に回せるか

――前回の記事で「収入を増やすには、仕事の“考え方”が重要」と聞きました。しかもそれは、投資に通じる部分があると。詳しく教えてください。

そうですね。人が持っている「お金につながるリソース」は大きく2つあります。金銭リソースと時間リソースです。このうち、時間リソースをどう使うかも収入アップにつながります。

前回、お金は「浪費」ではなく「投資」に使うと増えていくと話しました。時間も同じです。時間を投資に使える人はお金が貯まりますし、浪費する人は貯まりにくい。しかも、金銭リソースは持っている量に個人差がありますが、時間はみな平等。だからこそ、どう使うかが大切です。

――お金だけでなく、時間も「投資」に使うべきと。

はい。僕は新卒でベンチャー企業に入りました。今思うと、この選択も「投資」になったと思います。多くの人は、大手企業を希望しますよね。でも、安定していて社員も多い大企業で20代前半を過ごすのと、忙しくて給料が安くても、若手にガンガン仕事を任されるベンチャー企業で働くのは、どちらが未来の自分のためになるでしょうか。

もちろん、大手企業でも自分を磨けますし、ハイレベルな中で働けばずっと成長できます。ただ、仮に安定や安泰を求めてそちらを選ぶなら、それは未来への投資ではなく「浪費」に近い。頑張っていい大学を卒業したのだから、楽できる会社に入ろうというのは過去の自分へのご褒美ですよね。

――前回話したお金の使い方と同じですね。

時間は二度と戻ってこないので、今この時間をどこに割り振るかが重要です。お金は後から稼げば戻るけど、20代前半の数年間は二度と戻ってこない。そのときに、この時間をいかに未来の自分のために使うか。力がつく場所に身を置けるか。これはまさにお金の「浪費」「投資」と同じなんです。

――ちなみに遠藤さんがベンチャー企業を選んだのもそういう理由ですか?

はい、もちろん!…と言いたいところですが、正直後になってから気がつきました(笑)。当時の理由は、会社説明会に参加したとき、大手企業だからといって社員の方がイキイキしているわけではないことに気付いて。反対にベンチャー企業に行くと、社員の方がすごく楽しそうに会社の話をしていたんです。

大学時代の僕は、とにかくかっこいい大人になりたいと思っていました。その「かっこいい」が当てはまったのは、ベンチャー企業の方だったんですね。