はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、会社員の男性。早期リタイアして、支出を極力減らし、投資の利益のみで暮らしたいという相談者。そのために、仮想通貨の売却と、リタイアのタイミングについて迷っているそうですが……。FPの秋山芳生氏がお答えします。

「早期リタイアして、支出を極力抑えながら株式配当などのインカムゲインで生計を立てること」を目指しています。結婚の予定はありません。出費は年金を含めて年間90万円ほどかかる見込みのため税引き後年利3%の金融資産を3,000万円分保有することを目標にしています。

仕事をリタイアできるタイミングと、仮想通貨の扱いについて迷っております。目標を達成するためにネックとなっているのが資産の約50%を占める仮想通貨です。運よく早期に取得できたため、含み益が大きい状態です。インカムゲインを生む株式や債券へ徐々にシフトすることを考えているのですが売却するタイミングで大きく税金がかかってしまうため、二の足を踏んでいます。

仕事を早々にリタイアしてしまえば、仕事の収入がゼロになるため売却益による税金を抑えられますが、働き続けた場合と比べて将来の資産がどの程度違ってくるのかも知りたく、お力添えいただけますと幸いです。

【相談者プロフィール】
・男性、30歳、会社員、独身
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:20万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:5万6,000円
・住居費:1万5,000円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万1,000円
・通信費:4,000円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:14万円
・現在の貯蓄総額:2,200万円(うち、仮想通貨2,000万円)
・現在の投資総額:2,000万円
・現在の負債総額:0円

秋山: ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー 兼 FP YouTuberの秋山芳生です。早期リタイアを目指していて、仮想通貨を持っているが売却時の税金が高いので工夫したいということですね。

早期から仮想通貨を買っており、資産4,200万円のうち、2,000万円が仮想通貨とのこと。現金が200万円でその他は投資に回っているので、かなりリスク(価格の増減の可能性)が高い状態といえますね。売る場合も雑所得として総合課税(給与所得と合算して計算する)になるので、税率も高くなってしまいます。節税対策なども含め一緒に考えていきたいと思います。