はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、専業主婦の女性。夫から、家賃を除いて40万円の生活費をもらっているとういう相談者。しかし毎月お金を使い切ってしまい、リボルビング払いに頼ってしまうようになり、クレジットカードの限度額が迫っているといいます。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

夫に家計管理がなっていないと叱られ、落ち込んでいます。

夫は毎月40万円を生活費として渡してくれています。それを使って生活をしているのですが、毎月赤字続きで、クレジットカードのリボ払いを利用して生活しています。

子どもが小さい頃はこんなことはなかったのですが、大きくなるにつれ、食費、日用品代、洋服代、娯楽費などの生活費がかかりはじめ、塾代がかかりはじめるとあっという間に家計は苦しくなってしまいました。

苦しくなりはじめの時は夫に相談していたのですが、「お前のやり方が悪い」と一方的に怒られるばかりなので、相談せずにリボルビング払いで家計を回すようになってしまったのです。

住宅ローンや税金は夫が支払いを済ませてくれるので、支払いが滞ることはないのですが、クレジットカードの利用残高がすでに上限の100万円に近づいています。クレジットカードの利用ができなくなってしまうと生活がより苦しくなってしまいますし、心配でたまりません。夫に言えばまた叱られるだけでしょうし、夫に知られずにこのリボルビング払い分の収入を得たり、支払い終えてしまうことはできないのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、専業主婦
・同居の家族:夫(52歳、会社員)、長男(中学3年生)、次男(小学6年生)
・毎月の手取り収入(夫からもらう生活費):月額40万円、ボーナス時40万円×2回
・貯金額:約450万円
・毎月の支出の目安:47万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円(夫支払)
・食費:12万4,000円
水道光熱費:1万8,000円
通信費:4万円
生命保険料:3万8,000円
日用品代:2万8,000円
医療費:8,000円
教育費:8万6,000円
交通費: 6,000円
被服費:2万6,000円
交際費:2万円
娯楽費:1万8,000円
こづかい:1万6,000円
その他:1万2,000円
リボ払い返済:3万円

FP:生活費の不足分を、クレジットカードで補って暮らしてきたのですね。お金がかかりはじめた時に、なんでも必要だからと支出していては、お金はあっという間に無くなってしまいます。支出増の傾向に気が付いた時に、支出の仕方の調整ができていれば、このようなことにはならなかったのでしょうが、今となっては悔やんでも仕方がありません。現状からどのように改善していくのか、考えてみましょう。