はじめに

リボルビング払いは早めの返済を

ところで、リボルビングの利用残高が、間もなく100万円に到達するとのこと。これは見逃せません。

リボルビング払いは支払いが一定となり、家計をやりくりしやすいのかもしれませんが、いつまでも支払いが残り、なかなか払い終えられないという大きな欠点があります。利用残額に対して、ショッピングの場合は約15%の手数料がかかります。キャッシングの利用だったり、利用するクレジット会社により異なる場合もあるでしょうが、おおむね15%が平均的な手数料です。

大きなイメージとして捉えていただきたいのですが、例えば利用残高が1年間100万円であり続けた場合、年間手数料が15%だったら手数料だけで15万円支払うということになります。毎月返済と利用を繰り返していればこの計算と同じというわけにはいかないでしょうが、高額の手数料を支払って利用していることを理解してください。

手数料(利息)はムダな支払いとも言えますから、できるだけ少なくしたいもの。毎月の支出を少なくして、家計から残るお金はしばらくの間、貯金しつつもリボ払いの返済を優先し、早く完済してしまいましょう。

老後資金作りの準備も始めよう

返済が終わったら、年上の夫のためにも老後資金作を検討しましょう。夫は50歳を超えていますが、2年後には年金にまつわる制度に変更がありますので、iDeCoやつみたてNISAでもよいと思います。投資の勉強をしてお金に働いてもらい、将来の資金作りをしていきましょう。

まず取り掛かるべきところのボリュームが多いと思いますが、改善には行動あるのみです。頑張ってみてください。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。