家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳、会社員の男性。世帯年収は1300万ほど、子どもは2人希望する相談者。教育費にできるだけお金をかけたいそうですが、住宅にいくら費やせるのでしょうか。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

2年前に結婚(結婚式・新婚旅行)をして、現在妻が妊娠中(1人目)です。共働きで世帯年収は1,300万ということもあり、比較的順調に資産形成は進んでいると思っています。しかし、今後妻の産休や時短勤務による世帯年収の減額、今後のライフイベント(2人目)や教育費を考慮したときに、住宅費にどこまでかけてよいのかを悩んでいます。

子どもへの教育環境はできるだけ整えてあげたいため、教育費には平均よりはかけたいと思っています。そのため、優先度としては教育費に合わせて、住宅を調整したいと思います。アドバイスのほどよろしくお願いします。

■想定進学先
1名:私立中学→私立高校→私立文系
1名:私立中学→私立高校→国立理系(院)

【相談者プロフィール】
・男性、32、会社員、既婚
・同居家族について:
私・小売業・正社員(年収800万、退職金0)
妻(32)・事務・正社員(年収500万、退職金500万)・二人目が小学校入学でフルタイム復帰予定
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:18万5,000円
・食費:6万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:3万円
・通信費:1万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:25万円(現金10万+持株10万+つみたてNISA3万+企業型DC2万)
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:1,000万円
・現在の負債総額:0円
・ローンなど:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ