はじめに

1戸目以降は軌道に乗り始める

――結局、客付けはどうしたのですか?

レインズ(不動産業者間ネットワーク)に掲載されていたこともあり、別の業者さんが募集してくれていたのです。それも気づいていなくて、ネット検索したら依頼していない賃貸仲介業者さんが募集広告を出してくれていたので驚きました。その会社に改めて電話入れて、客付け依頼をしたところ、ようやく入居者が決まりました。家賃は6万5,000円です。

――どんな方が入居されたのですか?

家の建て替えの間、仮住まいをされたいというご家族でした。いわゆる短期入居ですが、もうとにかく入居してもらいたかったので、すごくうれしかったです。入居者さんとはお会いする機会がありませんでしたが、お礼の手紙をお送りしたところ、お歳暮をいただきました。また、9月のご入居で当初3カ月とのことでしたが、延長されて翌年3月まで住んでいただくことができました。遠隔地での自主管理なので、退去時には仲介業者さんに退去立ち合いをお願いしたのですが、その際には電話で「住んでいただきまして、ありがとうございました」とお礼を伝えました。1戸目の戸建ては失敗だらけでしたが学びも多く、一度入居が付いてからはすごく順調で、「もっともっと物件を増やしていこう!」と思いました。

その後、戸建てだけでなく、団地や区分マンションなど少額の不動産を中心に買い進めている、なっちーさん。次回は、これから不動産投資を始める方に向けてのアドバイスを聞きます。

(※本記事は不動産投資を推奨するものではありません)

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう

この記事の感想を教えてください。