はじめに

仕事と家庭を両立させる“働く主婦層”の方は、仕事で得られる対価のリアルと、家庭・生活面での大変さの両方を知っています。現実的かつ柔軟であり、たとえば自分の家庭の世帯年収に対しても冷静に判断する人が多いように思います。

ただし、これはあくまでも表面上のイメージ。実際は働く主婦個々に、自分の家庭の世帯年収に対する思いは異なり、また年代や子どもの数などによっても満足度が微妙に変わってくるようにも思います。

これまで、あまり語られることがなかった、働く主婦層にとっての「世帯年収への満足度」に関して興味深い調査結果が発表されました。調査を行ったのは、主婦に特化した人材サービスしゅふJOB』の調査機関・しゅふJOB総研。ここでは、その調査結果から働く主婦の方々が、日々「お金」に関してどのような思いを抱いて過ごしているかを推測していきたいと思います。


「満足」が「不満」を上回る

この調査での「働く主婦層」は、会社員・パートなどで働いている既婚女性を指しています。

まず、働く主婦層の方に尋ねたのが「あなたは、ご家庭の現在の世帯年収に満足していますか?」という問い。ここでは「やや満足」が41.2%、「大いに満足」が7.1%と、合計48.3%という半数近い人が「満足」を感じているという結果が出ました。

 一方、「やや不満」が25.5%、「大いに不満」が14.8%となり、世帯年収に対する満足度は、働く主婦の方の中でも大きく二分されていることがわかります。が、いずれにせよお金は多ければ多いほど良いもの。「満足」「不満」双方が考える「望ましい世帯年収」のコメントを見ていきましょう。

●「大いに満足」「やや満足」と回答した人のが考える「望ましい世帯年収」

「家賃が15%に収まるような年収を望んでいます」(40代・子ども1人・世帯年収900万以上)

「我が家は合わせて(世帯年収が)約1500万円だが、2000万円は欲しい」(50代・子ども1人・世帯年収900万以上)

「子どもにやりたいことは何でもやらせられるくらいの金額」(30代・子ども2人以上・世帯年収900万以上)

●「やや不満」「大いに不満」と回答した人の「望ましい世帯年収」

「我が家の主人の年収は1000万です。でも子どもが3人だと全く余裕ありません。持っていかれる税金も半端ない。なのに、児童手当は年収制限で1人5000円の特別支給のみ」(40代・子ども2人以上・世帯年収900万以上)

「子どもがどんな進路を選択したとしても諦めなくて良い年収が希望」(30代・子ども1人・世帯年収700万~900万未満)

 冒頭でも触れた通り、現在の世帯年収に対する思いは働く主婦個々によって異なるのは当然ですが、上のコメントを見るに「満足」「不満」双方とも「望ましい世帯年収」の背景には、「子どもにかかるお金」「養育費」が色濃くあることがわかりました。