はじめに

供食にも変化が

コロナ禍で忌避されたホテルの食事といえばブッフェスタイルでしょう。朝食からパーティーまでホテルではお馴染みの供食スタイルでしたが、感染症対策という点から中止するホテルが相次ぎました。一方で、ホテルも斬新なアイディアで乗り越えようとしています。パーティーや宴会も着席スタイルにしてディスタンスを保つスタイルのホテルでは、「席を立つことなく出来立てメニューを楽しめる」「料理をピックアップする行列を回避できる」とゲストから好意的な意見も目立ちます。朝食やランチブッフェなどは感染症対策を施しつつ再開されるケースが出てきていますが、バンケットなどでは引き続きこのような着席スタイル等で対応することが一般化していきそうです。

パーティーも着席間隔も空けて

ところで、コロナ禍以前からフードデリバリーはブームになっていましたが、ステイホームが叫ばれる中でその需要はますます高まっています。ホテルの宿泊者にも客室からフードデリバリーをオーダーするケースもあると言いますが、ホテルでは宿泊者以外が入れるのは基本的にロビーまでです。

とあるホテルでは注文者である宿泊者の部屋へ内線電話にて、デリバリーが到着しているのでロビーまでピックアップに来て欲しい旨連絡したところ、コロナに感染したらどうするんだ!とお叱りを受けたといいます。そうした需要を鑑み、フードデリバリーサービスと提携するホテルもあらわれています。フードデリバリーサービスの運営会社とホテルが手を組むケースが多くなっていくかもしれません。


伝統や格式を重んじるホテルまで先取的な取り組みが目立ち始めたホテル業界。人が住まうという行為そのものも“ハコの多様化”によりこれまでの常識が通用しないフェーズに突入しているといえます。ホテルの客室も、ホテルそのものの信用力を背景にした魅力あるハコとして機能し広まっていくのか否か。今後ますます注目すべきポイントでしょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。