はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳、会社員の男性。専業主婦の妻と子ども2人家族の相談者。自分が働けなくなったときのために、就業不能保険への加入を検討しているというご相談です。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

私のみの収入で生計を立てています。就業不能保険をどの程度かけたらよいかわかりません。

【相談者プロフィール】
・男性、45歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻41歳・専業主婦、子ども2人(1歳、4歳)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出の目安:60万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:13万円
・食費:20万円
・水道光熱費:8万円
・教育費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:2万円
・車両費:2万円
・お小遣い:6万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯蓄総額:2,000万円
・現在の投資総額:1,600万円
・現在の負債総額:0円

鈴木:子育て中の会社員の方からのご相談です。病気やケガをして働けなくなった場合に備えられる「就業不能保険」について、どの程度かけるべきか悩んでいるとのことですね。
主に会社員の方が就業不能保険を検討する際のポイントをお伝えします。