はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、62歳、再雇用で働く独身の方。50代で早期退職し、退職金1,200万をもらったけれど、半分ほどまで使ってしまったという相談者。現在も貯金から補填する生活を送っており、完全リタイアした70歳以降の生活が不安だと言います。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

再雇用で働いている62歳です。80歳、90歳まで生きるとすると老後資金が足りなくなると思うので、どのようにやりくりしていけばよいかを教えてください。

50代で早期退職をし、退職金を1,200万円ほどもらいました。まだ若かったのでほしいものがたくさんあり、そのお金で高級時計やバッグを買いました。また旅行にも行ったりして、残ったのが690万円ほど。

その後は、60歳を過ぎても長く働ける今の会社に再就職しました。60歳以後は再雇用として、委託社員の扱いで働き、給与は50代より3割ほど減って手取り20万円半ばほどです。毎月は赤字でなんとか暮らしており、貯金を増やすことはできません。

それでも来年63歳になると特別支給の老齢厚生年金を8万円ほど受給でき、収支は黒字化できそうですし、65歳以降の年金受給(約14万円)が始まっても働くと、給料はさらに下がり14万円ほどになりますが、何とか年金と合わせた収入の中で暮らせそうだと考えています。

この会社は給料が下がっても最長70歳まで働けるのですが、問題はそのあとです。補てん額がかなり多くなり、600万円なんてあっという間になくなると思うのです。

こんな年になってからでは遅いかもしれませんが、何とか対策をとっていくことはできないでしょうか。

【相談者プロフィール】
・62歳、再雇用、独身
・手取り収入:月収20万2,000円
・年間ボーナス:約50万円
・貯金:690万円
・毎月の支出の目安:26万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(管理費):2万6,000 円
・食費:9万2,000 円
・水道光熱費:1万5,000 円
・通信費:1万8,000 円
・生命保険料:1万6,000 円
・日用品代:6,000円
・医療費:3,000円
・交通費:2万1,000 円
・被服費:6,000円
・交際費:5,000円
・娯楽費2万8,000 円
・し好品(酒):5,000円
・その他:2万4,000 円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ