はじめに

2月25日に米10年債利回りは、一時1.6085%まで急上昇していました。昨年12月31日の終値レベルが0.9132%、1月29日の終値レベルが1.0655%であったことを考えると、2月に入ってからの米長期金利上昇は目を見張るものでした。

市場の注目が米インフレ懸念、米長期金利上昇に向いていることで、3月1日~5日の週は米2月雇用統計よりも、米FRB(連邦準備理事会)当局者の発言が重要視されることとなりました。

今回は、注目された米FRB当局者の発言を確認し、原油先物市場、米2月雇用統計結果から、今後のドル円相場を予想します。


米長期金利が急激に上昇した理由

米長期金利の急上昇、その背景にあるものは、原油価格や農産物、資源価格の上昇です。米経済回復に対する先行き楽観論のみならず、世界経済回復期待が、いわゆる商品価格を上昇させてきました。

また、米国の製造業景況感指数に含まれる仕入価格指数の上昇を見ると、昨年後半からのほぼ一本調子の上昇が見てとれます。インフレ懸念あるいは期待インフレ率の上昇が、米長期金利を急速に押し上げてきました。