はじめに

【結論】どういう人が、どのプランが向いているか

以上を勘案すると、大手キャリアで新プランに変更した方がいい人は
・経済圏を活用している人
・申込からサポートまですべてオンラインで対処できる人
・上に挙げたその他注意点が問題ない人
です。これまで活用してきた経済圏を引き続き利用しながら、スマホ代を下げることができるからです。

特に現在20代後半から30代の「ミレニアル世代」、10代後半から20代前半の「Z世代」と呼ばれるような若者たちはデジタルに精通しているので、すべての手続きがオンラインでも特に困ることがないかもしれません。それであれば、新プランに変更した方が安く済むのでおすすめです。

また、格安スマホに変更したほうがいい人は
・経済圏を活用していないものの、通信費を下げたい人
・実店舗や電話でのサポートを受けたい人
となります。

格安スマホなら、おすすめしたいのはUQモバイルです。
「くりこしプランS」の場合1628円(税込)と安いうえに、余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。おうち時間が増えているので、データが余ることは多くなっているのではないでしょうか。そんな方でも、使わなかったデータを無駄にしてしまう可能性を減らすことができます。

「割高なスマホ代を払っていませんか?」あなたに合わせたスマホ料金ランキングを確認しよう[MF]

この記事の感想を教えてください。