はじめに

新型コロナウィルス感染拡大の影響が長期化しています。「ボーナスゼロ」「年収〇〇%減」「希望退職者募集」など暗いニュースも多く、大半の方の家計は非常に厳しい状況がまだまだ続きそうです。その一方、業種によってはコロナ禍で思わぬ収益アップに至っているケースもあり、「今季最高益を達成」「収入アップ」などの記事も見られます。

新しい生活様式を迎えている今ですが、私たちの家計は厳しさを増しているのでしょうか、それともゆとりが生まれているのでしょうか?

大人女子向けメディアアプリ・LOCARIを運営元する株式会社Wondershakeが、コロナ禍の家計について調査しました。今回は、2020年の収入・支出の増減やその内訳を明らかにした調査結果をご紹介します。


収入は二極化。約半数が収入減も、一部収入増。

はじめに、収入の変化を見ていきましょう。

収入が「やや減った」と「とても減った」を合わせると49%で、約半数の方は収入が減っています。一方、「やや増えた」「とても増えた」を合わせると17.8%で、約2割弱の方の収入が増えています。33.1%の「変わらない」を除き、収入減と収入増が二極化していることがわかります。

収入減の理由を見ると、「業績悪化」「仕事がなくなった」とあります。接客・サービス業などは自粛要請の影響があったこと、製造業で残業が減ったことなどが要因ではないかとうかがえます。

他方、収入増の理由を見ると、「売り上げがよくなった」「手当がついた」とあります。ECサイトや運送業などは巣ごもり需要で業績が上がったことや、医療関係者に残業手当がついたことが要因かもしれません。