はじめに

4月2日(金)に発表された米3月雇用統計は、事業所調査による非農業部門雇用者数は前月比91.6万人増と、事前予想中心値の66万人増に比べて極めて強い内容となりました。前月・前月分も併せて15.6万人上方修正されたことも考慮すると、強過ぎると言っても過言ではない内容です。

筆者の予想は、前月分の上方修正も含めてネット60万人前後の増加でしたので、待機していた筆者自身も米雇用統計発表後は驚きました。

しかし筆者は、今回も含めて、最近の米雇用統計を材料視していませんでした。なぜなら、新型コロナウィルスのワクチン接種が広がるにつれて、米雇用はあと5~6百万人回復するであろうと筆者は見ており、月々回復ペースの数万、数十万の誤差はさほど大きな問題ではないと見ているからです。


新型コロナで失われた雇用は回復途上

昨年の米4月非農業部門雇用者数は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、前月比2,067.9万人(年次改定後)減でした。2,000万人以上の雇用が失われた後、その後の昨年5月から今年の3月までで、約1,400万人の雇用が回復しています。

失われた雇用が完全回復するまでには時間がかかるとは思いますが、米国におけるワクチン接種は進んでおり、遅かれ早かれ、失われた分の雇用は完全回復するであろうというのが筆者の見方です。おそらく市場参加者の大半もそう思っているのではないかと思います。そんな中で、月々の予想比多い少ないでいちいち一喜一憂する必要はないと思っています。

とは言っても、目先オンリー証拠金プレーヤーや自動取引、A.I.(人工知能)は、発表された指標の事前予想比強いか弱いかで売買するのが仕事ですから、ある程度相場が動くのはやむを得ないでしょう。相場の反応については後述します。

1