【SDGs】コオロギ食から世界の電気自動車(EV)まで、今注目のエコトレンドを特集!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、46歳、会社員の女性。アメリカに転職予定だという相談者。将来は日本に戻る予定だそうですが、戻った後の老後の備えが心配だそうです。海外生活を送る際、老後の備えのために注意するポイントは? FPの飯田道子氏がお答えします。

老後の備えは足りているんだろうか?

昨年会社を退職、アメリカの会社に転職予定でしたがコロナで転職できず。現在は実家で、転職予定の会社から下請け的に仕事をもらっている。ビザが取れ次第赴任予定だが、まだ未定。雇用も不安定。日本にいる間にiDeCoを最大限に活用したいと考えている。実家のため家賃はなし。代わりに家事全般を請け負う。医療保険をやめるべきか。今後は家のリフォームや日本との往復費用などが発生予定。将来的には日本に戻る予定。

【相談者プロフィール】
・女性、46歳、自営業、独身
・同居家族について:父年金生活、母は入院中年間100万必要だが、母の年金と貯蓄で賄えている。
・住居の形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出の目安:22万円

【毎月の支出の目安】
・住居費:なし
・食費:3万円
・保険料:年金保険6万3,000円、医療保険3,000円、年金基金1万6,000円
・通信費:1万円
・車両費:5,000円(カーシェア)
・お小遣い:1万円
・その他:被服、日用雑貨、病院など3 万円
・iDeCo:5万2,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯蓄総額:3,800万円(普通預金定期預金)
・現在の投資総額:100万円、iDeCo300万円
・現在の負債総額:0
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ