【特集】早期リタイア「FIRE」を実現する方法、個別相談にFPが回答

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、公務員の女性。現在、宿舎住まいの相談者。ずっと宿舎に住めるかわからないため、住宅購入を検討しています。いくらくらいの物件なら老後資金もしっかり確保できるのでしょうか。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

いくら位のマンションを購入するべきか相談したいです。

公務員(医療職)で宿舎にいるため家賃が安くその分貯金にまわすことが出来ています。ただし、今後は公務員としての身分が保証されるかわかりません。また収入も減少する可能性があります(合併や買収の可能性があるため)。そこで、今のうちに住宅購入を検討した方がいいかと思いました。30代で現在の仕事に就職したため年金も少ないのではないかと気になります(20代は国民年金のみ、30代より厚生年金に加入)。老後の資金をある程度残せる住宅購入をしたいです。シングルですので1〜2LDKで2,000~3,000万あたりを検討しています。ご助言をよろしくお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、40歳、公務員、独身
・住居の形態:宿舎
・毎月の世帯の手取り金額:25万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:110万円
・毎月の世帯の支出の目安:10万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:1万4,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:2,000円
・通信費:1万円
・お小遣い:1~3万円
・その他:昨年までは旅行に20〜30万円(年間)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10〜15万
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:2,000万
・現在の投資総額:100万円(投資信託、iDeCo)
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ