はじめに

税金に関する年間スケジュールを把握しておくことで、節税対策を取りながら手持ち資金の変化にも対応しやすくなります。

前回は主要トピックスの年間スケジュールと共に、特に上期4月~9月にフォーカスをして解説をしました。今回は、下期10月~3月に気を付けたいことをメインに、主要な税金以外のトピックスも含めて解説をしていきます。


毎月チェックしたいお金のカレンダー

「お金の年間スケジュール 上期」税金の支払い漏れがないように!住民税や社会保険料、固定資産税…を要チェックと共に、下期のポイントを見ていきましょう。

4月  固定資産税、軽自動車税の納付期限。 扶養家族(子ども)に変化はあるか
5月 自動車税の納付期限。「住民税決定通知書」の確認
6月 住民税(本年分)開始
7月 本年4月~6月の標準報酬月額は、昨年とどのくらい変化があったか
8月 自動車税の未納は無いか。(9月になると督促状)
9月 社会保険料の改定。 注文住宅、契約期限

10月 1月~12月の年収が予測可能。ふるさと納税を進める時期
11月 分譲住宅、契約期限
12月 年末調整。医療費控除、セルフメデュケーション税制が適用されるか計算。住宅を手放す場合は、年末までに
1月 セルフメデュケーションの品目変更予定
2月 16日から確定申告開始
3月 15日までで確定申告終了。自動車を手放す場合は、3月中に

毎年、税金に関する制度は何らかの変化が生じます。特にコロナ禍においては、緊急的な措置が生じている可能性が高いため、自分とって、何がどれくらい影響するのか、意識をしておく必要があります。