<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、会社員の男性。夫婦共働きで高収入。総資産も1億円をゆうに超えている相談者夫婦。しかし、激務のため、早期リタイアを考えているといいます。希望は叶うのでしょうか。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

労働環境がかなり厳しい職種で、これまでにも激務やハラスメントで何度か入院したことがあり、この先もずっと仕事を続けていくことに大きな不安があります。資産が大きくなってきたこともあり40代のどこかで早期リタイアをしたいのですが、インフレや将来の年金給付の削減見込みを考えると、どこまで、どういう形で資産を形成・保有すれば大きなリスクなくリタイアできるのかがわからず悩んでいます。

子どもを産む予定はありません。住宅は、45歳までは家賃補助(月額7万程度)が支給されていること、都心の住宅が高すぎること、退職以降も都心に住む必要があるかわからないことから賃貸暮らしを続けていますが、妻は特段の事情がない限り仕事を続ける意向で、職場に近い都心から動きたくないようです。

不安に思っているのは、資産頼みでリタイアした場合のインフレの影響、子どもがおらず介護が完全に施設頼みとなることから介護費用が高騰すると厳しいこと、現在住宅を持っていないため将来の購入や賃貸等に係る費用の変動、といった点です。

リタイア後資金について。現預金のうち1,000万は生活用資金としており、それ以外はすべてリタイア後のための資金です。記載以外の資産として、財形保険550万、DC430万があり、退職金は今現在で1,000万程度、勤務が1年長くなるごとに約50万ずつ増える予定です。公的年金は厚生年金のみに19年加入し、払込総額は1,200万円程度です。妻も厚生年金加入で、払込額は私の6~7割と思います。また、DB年金として60歳以降年20万ほどの給付がある見込みです。

【相談者プロフィール】
・男性、42歳、会社員、既婚
・妻、40歳、会社員(フルタイム)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:80万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:230万円
・毎月の世帯の支出の目安:30万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:14万円
・食費:3万5,000円
・水道光熱費:2万3,000円
・保険料:5,000円
・通信費:1万円
・その他:8万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:50万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:230万円
・現在の貯蓄総額:2,600万円
・現在の投資総額:1億1,300万円
・現在の負債総額:20万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ