はじめに

ファイナンシャルプランナーとして数千人の家計相談を行い、いつも感じるのは「保険」を使いこなせていない人が本当に多いということです。

保険と聞くと、生命保険を思い浮かべる人が多いのですが、今回は、ほとんどの家庭が加入しているけれど、いまいち理解していない「火災保険」について紹介します。


加入している火災保険をきちんと答えられますか?

賃貸で家を借りると、入居する際火災保険への加入が条件になっています。また、住宅ローンを組む際にも火災保険の加入が条件になっていることがほとんどです。世帯主であれば何かしらの火災保険に入っているでしょう。

ただし、家計相談の際にどの火災保険に入っているかと聞いて、保険会社の名前も思い出せない人は意外に多く、そもそも「加入していたっけな?」と思い出せない人もいます。どのような内容の保険か、その補償内容を正しく答えられる人は稀です。

火災保険は、家が火事になった時に家を修復する為に使うものなので、火事にならなければ関係ないと思っているかもしれませんが、火災保険に「破損・汚損」の特約を付けていると使用頻度の高い保険に生まれ変わります。

知っているだけで得することが多いので、ぜひ確認してくださいね。

火災保険と家財保険の違い

火災保険は先述の通り、住宅を買ったり借りたりするときに加入します。ただし、自分で比較検討をすることが少なく、不動産仲介会社や住宅メーカーにお薦めされるがままに入る人も多いでしょう。

そもそも火災保険とは、損害保険の一種で、火事や落雷、風水被害などの事故によって起こった建物の被害を補償する保険です。

めったにないけれど、料理をしていたら油に引火してしまい台所が煤だらけになってしまったとか、場合によっては全焼してしまった場合に建物や浴槽、調理台、ふすま、網戸、物置等が保険の対象になります。

それに対して、家財保険は、タンス、ベッド、家具や、冷蔵庫、パソコン、カーテンや洋服が火事や落雷、風水被害で損害が生じたときに補償されます。ただし、現金・小切手・有価証券・データ・自動車などは家財に含まれません。また、高価な絵やツボなどの骨董品や宝石などの貴金属で30万円を超える物は「高額貴金属等」や「明記物件」とされ、補償の対象外になります。もし、このような高額なものも補償の対象にしたい場合は、「高額貴金属等」を含む設定にする必要がありますが、その分の保険料が高くなります。

また、盗難の補償を付けている場合は、自宅にあるものが盗まれた場合に補償されます。自転車が家にあるときに盗まれたという場合だと盗難の対象になるのですが、駅前に置いていて盗まれた場合は、補償の対象にならないので注意が必要です。

火災保険や家財保険は、一般的に以下の物が対象になります。

・火災・落雷・破裂、爆発
・風災・雹(ひょう)災・雪災
・水災
・水漏れ
・盗難
・破損・汚損等

ただし、水災や盗難などを個別に抜くことや選ぶことができるので、保険料はどこまでを補償の範囲とするかや、建物の構造や所在地、用途などによって異なります。また、保険金額の限度として損害額が保険料として支払われますが、保険を付けている建物の評価額か、再度同じものを建てる場合の費用かを選ぶことができます。この際、同じレベルの建物を再購入(新築)する場合は価格協定保険特約をつけることになります。