はじめに

「破損・汚損」による修理は何度でも利用でき値上がりもない

これは少し特殊なケースなので、保険会社や審査に来る人の見方によっても違いがあるかもしれません。火災保険がおりるかどうかのときは、「困っていること」「不意の事故であること」はしっかり伝えることが大切です。

「破損・汚損」による修理は何度でも使うことが可能ですし、利用しても自動車保険のように保険料はあがりません。

加入することが、半ば強制的な火災保険も、「破損・汚損など」をつけて、使い方を知っていると、もとが取れることもあるので、知っているか知らないかで明暗わかれます。ご自身で加入している火災保険の内容をしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事は参考になりましたか?