はじめに

DINKS世帯が考えておきたい注意点

ここまでDINKS世帯の家計管理についてお話してきましたが、最後にDINKS世帯が考えておきたい注意点についてお話します。

例えば、いずれ子どもを産むことを考えている場合、子どもが生まれると費用が増えるにもかかわらず、夫婦いずれかが勤務形態を変更して家計の収支が大きく変わる可能性があります。他にも30代であれば、緊急の課題ではありませんが、親の介護をしなくてはならなくなった場合のことも考えておきたいもの。その場合も勤務形態の変更やそれに伴う収入減少がおこりやすいでしょう。

また、世帯収入が高い場合、収入が高いことを前提とした暮らしをしているので、収入減や急激な支出増加への耐性が低い傾向にあるようです。

こうした先の起こりうる出来事についても話し合い、具体的に収入が減った場合どうなるか、どれくらいの金額を備えておけば良いのかシミュレーションをしてみましょう。

そうすることで、より真剣に家計管理や貯蓄、資産運用に取り組むことができるでしょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。