<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、26歳、会社員の女性。共働きで、お子さんは一人、世帯年収は1,000万円ほど。5,500万円程度のマンションを購入したいけれど、月々の支払いが増えるため、今購入に踏み切っていいのかわからないといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

5,500万前後のマンションを購入したいが管理費など含め月々の支払が20万近くになる見込みのため、今購入に踏み切っていいかわからない。子どものための貯金をどれくらい用意しておけば良いかバランスが知りたい。

住宅ローンイメージ:物件購入額5,500万円程度、借入額5,500万円、金利0.5%、返済期間35年

【相談者プロフィール】
・女性、26歳、会社員、既婚
・同居家族について:夫(26)が公務員で妻が会社員で共に手取り月収30万程度(夫が毎月手当てにより2〜3万程度変動あり)、子ども0歳
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:57万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:140万円
・毎月の世帯の支出の目安:35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万5,000円
・食費:6万5,000円
・水道光熱費:8,000円
・教育費:4万9,000円
・通信費:8,000円
・お小遣い:6万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:140万円
・現在の貯蓄総額:270万円
・現在の投資総額:15万円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ