はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、33歳、会社員の男性。共働きで高収入の相談者。貯まっていく現金を運用に回したいといいますが、今の株式市場の状況が読めず、踏み切れないといいます。FPの秋山芳生氏がお答えします。

現金が貯まる一方で、資産運用に積極的に回したいのですが、今の「過熱市場(?)」の中で資金を突っ込むのにも抵抗があり踏み切れません。どう資産を増やしていけば良いでしょうか?

【プロフィール】
・男性、33歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(27歳)は正社員(いわゆる一般職)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:90万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:350万円
・毎月の世帯の支出の目安:34万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:17万円
・食費:5万5,000円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:5,000円
・車両費:2万5,000円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:56万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:350万円
・現在の貯蓄総額:3,300万円
・現在の投資総額:1,500万円
・現在の負債総額:4,200万円

秋山:ご質問いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。現金貯蓄が増えているが、株価が上がり続けている市場の中で、資産運用にどれだけ回したら良いのかというご質問ですね。たしかに、NYダウは2021年に入り3月も4月も過去最高を更新し、S&P500も4,000ポイントを突破し伸び続けています。日本においても、TOPIXも1,800〜1,900ポイントと、バブル期以来の高値圏にあります(※2021年5月1日現在)。今、投資金額を増加するのは「高値掴み」の可能性もあるので、慎重になりますよね。このような株式市場でどのようにしていくべきかを一緒に考えていきたいと思います。