はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳、会社員の女性。最近、40歳になる彼と入籍したばかりという相談者。新婚生活の生活費の目安はいくらなのか、どうやって家計を運営していけばいいのか知りたいと言います。FPの横山光昭氏がお答えします。

最近、彼と入籍し、同居を始めました。
今まで互いに一人暮らしだったため、二人で暮らすとなると生活費にいくらかけるべきなのかが分かりません。何にいくらをかけるのが正解なのか、適正な金額または割合を教えていただきたいです。

食費や生命保険料、こづかいなどの金額はいくらにするとよいのでしょうか。

家計管理の方法は、自分の収入から出し合う形でいこうと思っています。ただ、別々な管理をすると良くないという話も聞きますので、それぞれに管理しながらも家計を共有できるような方法があれば、それも教えていただきたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、37歳、会社員。夫、40歳、会社員
・手取り収入:相談者月収25万7,000円、夫月収29万2,000円
・年間の手取りボーナス:相談者80万円、夫30万円
・貯金:約500万円
・毎月の支出の目安:44万6,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(ローン・管理費):13万5,000円
・食費:6万2,000円
・水道光熱費:1万9,000円
・通信費:1万5,000円
・生命保険料:2万1,000円
・日用品代:1万円
・自動車関連費:2万円
・医療費:2,000円
・交通費:3,000円
・被服費:2万5,000円
・交際費:1万2,000円
・こづかい:10万円
・その他: 2万2,000円

横山:ご結婚おめでとうございます。これからお二人の収入で家計を、どのようにやりくりすべきかというご相談ですね。家計を共有したいという心構えは、とても良いですね。