はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、自営業の女性。現在実家暮らしの相談者。40歳を過ぎて居心地が悪くなり、ひとり暮らしを始めたいと考えているそうです。ただ、不安定なフリーランスのため、老後資金のことも考えると、現実的なのでしょうか? FPの黒田尚子氏がお答えします。

「結婚するまでは家にいればいい」と言われてずっと実家暮らしですが、40歳をすぎていよいよ居心地が悪くなり、実家を離れてひとり暮らしをしようと考えています。

ただ不安定な収入でひとり暮らしを始めた場合、老後資金が確保できるか心配です。フリーランスなのでひとり暮らしする場合は仕事用の部屋が欲しくて、2DK以上で考えていて家賃(共益費、管理費込み)で7万円台を想定しています。今まである程度の貯金はできていますが、ひとり暮らしを始めたら貯金ができなさそうです。収入は手取りで月10〜40万円と不安定で、ゼロになる可能性もなくはありません。もっと小さな部屋で我慢すべきか、ひとり暮らし自体を断念しないといけないのか教えていただきたいです。

収入は月3万円程度のパートを含みますが、ひとり暮らしで引っ越すとパートが続けられないのでその分減収になります。今は実家にお金を入れていないので、ひとり暮らしをしても実家への仕送りは不要と思われます。

【相談者プロフィール】
・女性、42歳、自営業、独身
・同居家族について:母…70代専業主婦、健康。弟…会社員(40代独身、年収400万程度)
・住居の形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:2万円
・水道光熱費:0円
・教育費:0円
・保険料:1万円
・通信費:1万円
・車両費:0円
・お小遣い:5万円
・その他:2万円
・毎月の世帯の支出の目安:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円
・現在の貯蓄総額:1,000万円
・現在の投資総額: iDeCo…1年半前から月2万円で積み立てていて、現在40万円程度(投資額30万円)
・退職金なし
・老後資金:国民年金(満額支払っています)
・現在の負債総額:0円

黒田:確かに、「どうせ結婚したら実家を出ていくんだし……」と実家暮らしを続けていて、未婚のまま現在に至るという方は少なくないと思います。経済的自立と精神的自立は両輪(セット)ですので、社会人として自立したいのであれば、ひとり暮らしをお勧めします。ただし、40代ともなれば、老後のことも気にかかる年代ですし、親も70〜80代で、もうそろそろ介護や病気なども考えておいた方が安心です。経済的なことを考慮すると、老後資金の準備を優先させたいのであれば、このまま実家暮らしを続けた方が断然有利でしょう。