読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、専業主婦の女性。子どもたちの教育費は積み立てているものの、老後資金に関してはノータッチできてしまったという相談者。夫の定年までにあと1,000万円は貯めたいといいますが、どのような貯蓄計画を立てるべきでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

貯金が630万円、ふたりの子どもに学資保険を200万円と140万円積み立てています。しかし老後資金に関しては全くの手付かずで、夫は50万円の貯金しかありません。この先どんなふうに生活のビジョンを持つべきなのか、どんなふうに貯めていけばよいのか見当がつきません。

せめて私が50歳になるまでに収入を増やすか、貯蓄に回す金額を増やすかしたいです。夫の定年までに最低あと1,000万は貯めておきたいのですが、あと9年余りで出来ることを教えてください。

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、専業主婦
・同居家族について:
 会社員の夫(50歳)、勤続13年ほど。子ども2人(8歳、12歳)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅/千葉県)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出の目安:28万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万5,000円(ローン。管理費込み)
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:2万2,000円
・保険料:3万円
・通信費:1万円
・車両費:5万円
・お小遣い:2万円
・その他:6,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:1,060万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:700万円(住宅ローン残債)
・退職金は他の方の前例として600万程。年金についてはノータッチで分かりません。
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ