はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、31歳、会社員の男性。お金をあるだけ使ってしまい、貯金ができないという相談者。「このままではいけない」と家計簿アプリを使いはじめたものの、記録しただけになってしまい、貯金につながらないそうです。どうすれば貯金体質になれるのでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

お金をあるだけ使ってしまいます。ムダ使いをしないように、必要かどうかを考えて使っているつもりですが、毎月気が付いたら給料をすべて使っています。先日は会社に立て替えていた経費の約50万円が支払われたのですが、気が付いたらすっかりなくなっていて……。

今のままではいけないと思い、家計簿アプリを使い家計簿をつけてみましたが、振り返りの仕方が分からず、記録しただけになっています。そのため、どの支出を減らせそうとか、改善ポイントまで見つけることができていません。特にこれといってお金をかけていることもないので、どうしたらよいでしょうか。

もう30歳を過ぎ、これから将来を考えると、貯められない自分では不安で仕方がありません。結婚とか、親になるという可能性もあると思います。その時に恥ずかしくないよう、自然にお金が貯められる「貯金体質」になりたいです。

【相談者プロフィール】
・男性、31歳、会社員、独身
・手取り収入:月収23万3,000円、年間ボーナス約40万円
・貯金:約10万円
・毎月の支出の目安:23万8,000円

【支出状況】
・住居費(家賃・管理費):6万4,000円
・食費:3万8,000円
・水道光熱費:1万2,000円
・通信費:8,000円(マンションに無料Wi-fiあり、スマホ代のみ)
・生命保険料:1万3,000円
・日用品代:2万円(男性化粧品等が多い)
・医療費:3万2,000円(サプリメント約2万、歯科矯正)
・交通費:5,000円
・被服費:8,000円
・交際費:6,000円
・娯楽費:1万円(書籍・DVDなど)
・その他:2万2,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ