はじめに

喫茶店での珈琲は、リラックスしますね。私は、ほぼ毎日喫茶店で珈琲を飲んでいます。なぜかというと喫茶店で仕事をしているので、珈琲は欠かせません。喫茶店の珈琲は1杯約400円ぐらいです。

じつは、このたった1杯分のお金を年金の積み立てに回すことで、将来得をする方法があります。

毎月400円を40年積み立てると総額19万2,000円。それが将来384万円にもなって戻ってくるという話です。積立が20倍に戻ってくるなんて「危ない投資話ではないか?」と思ってしまいますね。大丈夫です。れっきとした国の制度の利用です。

これが「付加年金」という制度です。今回は、このお得な制度について解説しましょう。


「付加年金」の対象者は第1号被保険者

「付加年金」は、第1号被保険者の年金を少し増やす制度です。ですので、対象者は、自営業やフリーランスなどの第1号被保険者に限られます。第2号被保険者の会社員や公務員、第3号被保険者の専業主婦は対象外です。

もともと第1号被保険者は、会社員のような厚生年金がなく、国民年金だけですので、年金の受給額が少ないのです。ですから自営業の人やフリーランスの人は、何とか年金を増やすことを考えた方が良いのです。

この付加年金は、2年で元が取れるという驚くほどお得な制度なのです。

付加年金のしくみとは

まずは、「付加年金」のしくみです。

付加年金は、国民年金の保険料の上乗せで毎月400円納付します。年金を受け取る時には、付加年金の年額は、「200円×付加年金の納付月数」で計算します。

ちょっとピンときませんね。例をだして説明をします。

10年間(120ヵ月)、付加年金に加入した場合です。支払った保険料は、4万8,000円(月額400円×12ヵ月×10年=4万8,000円)

では、受け取れる付加年金額は、年額2万4,000円です。(200円×120ヵ月〈納付月数〉=2万4,000円)

65歳で年金を受け取ったとしたら、基礎年金プラス2万4,000円の額を受けることになります。このプラスされた金額(2万4,000円)は一生涯受け取ることができるのです。

と言うことは、受取り始めて2年目には、4万8,000円になります(2万4,000円+2万4,000円=4万8,000円)。すでに支払った金額と同じになりますね。つまり2年で元が取れる制度なのです。それ以降は、ずっとお得です。