はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、55歳、専業主婦の女性。夫と5人の子どもの家庭を支えてきた相談者。家計は慢性的に赤字で借り入れは800万。来年には夫が退職を迎えるため、今後どうやって生計を立てていけばいいか悩まれています。FPの氏家祥美氏がお答えします。

主人は来年定年を迎える63歳、私は専業主婦の55歳、29歳の長男を頭に5人の子どもがおります。27歳の次男は別居ですが、現時点で定職を持たず収入がありません。三男(工場勤務)は同居しておりますが、この度中古のマンションを購入する予定です。また、四男は、大学2年生で他県に一人暮らしでバイトと奨学金で頑張っています。娘は高3、来年には専門学校へ進学の予定です。

主人の収入は60歳をピークに右肩下がりの給料で、貯蓄どころか家計はいつも火の車です。節約出来る所はしていますが、冠婚葬祭があったりで借り入れしたりしています。今後どうしたら良いでしょうか? 今のところ、主人は通院だけで介護は必要ありませんが、この先どうなるかは分かりません。

【相談者プロフィール】
・女性、55歳、専業主婦、既婚
・同居家族について:
 夫(63歳)は外食産業で手取り16万円
 三男は工場勤務で家計には毎月3万5,000円入金してもらっています。
 長女(高3)
・子どもの人数:5人(17歳、19歳、21歳、27歳、29歳)
・住居の形態:社宅扱い(退職するまで)
・毎月の世帯の手取り金額:19万5,000円
・年間の世帯の手取りボーナス額:95万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:4万5,000円
・水道光熱費:2万5,000円
・教育費:5万円
・保険料:3万円
・通信費:4万円
・車両費:2万円
・お小遣い:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:4万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:0円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:800万円

氏家:こんにちは。ご相談ありがとうございます。5人のお子さんを育ててまだ教育費もかかる中、来年にはご主人が定年退職を迎えるため、家計が心配というご相談ですね。いま、声を出してもらって本当に良かったです。厳しい言い方になって申し訳ないのですが、はっきり言うと、小さな節約などではどうにもならず、これ以上の先送りはできない状況です。家族で協力しながら、いまの状況を乗り越える策を一緒に考えていきましょう。