はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳、会社員の女性。母と祖母との同居を予定しており、住宅の購入を検討している相談者。どの程度の物件なら無理なく購入できるでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。

母と賃貸に2人暮らしです。

祖母と同居するのをきっかけに賃貸を借り換えるか、中古マンションを買うべきかを悩んでいます。祖母は現状、県営住宅に住んでいますが、先々の介護を考え、同居をしたいと言われています。そこで、今私達が住んでいる賃貸では手狭なので引っ越しを考えています。

今の所、私自身の結婚の予定もありませんが、賃料の高い部屋に引っ越しをして、いざ私が家を出た時の事を考えると、母の年齢や収入では、借り換えも難しいのではないかと思ってしまいます。そこで、このタイミングで中古マンションを購入するというのは、無計画でしょうか? また、私の年収(430万円)では、どの程度の物件なら無理なく購入できるでしょうか?

【プロフィール】
・女性、36歳、会社員、独身
・同居家族について:母(62歳、パート、年収140万)
・住居の形態:賃貸(茨城県)
・毎月の手取り金額:30万円(母分含まず)
・年間の手取りボーナス額:66万円(母分含まず)
・毎月の世帯の支出の目安:21万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万7,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:2万円
・通信費:2万4,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯蓄総額:210万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:60万円(車のローン)

渡邊:こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。祖母や母親と同居する為のマンション購入についてのご相談です。

まず、同居用のマンションを購入することが無計画かどうかについてですが、これは価値観や、ご相談者自身の今後想定するライフプランによります。将来の介護などを想定し、祖母やお母様と一緒に住むことを決断されることは素晴らしいと思います。

今後のライフプランについては、記載にもあるように、今後結婚しない前提で考えるのか、将来的に結婚するかもしれないという前提で考えるかによって変わってくるでしょう。とはいえ、将来のことは分かりませんので、どちらに振れたとしてもある程度対応出来るような選択肢を準備しておくのが重要です。