はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、48歳、パートの女性。あと3年で夫が役職定年を迎え、給料は3割減の見込み。一方で2人の息子の学費はピークに達します。老後のために今やるべきことは? FPの横山光昭氏がお答えします。

3年後、夫が役職定年します。役職定年後には退職金を1,000万円ほど受け取れる予定で、その後の給料は3割ほど減る見込みです。60歳で定年ですが、その後は65歳まで再雇用で働けることになっています。

二人の息子がいますが、上の子は現在大学2年生、下の子は高校3年生、まだまだ学費がかかります。なんとかなる気もしますが、資産が減ることで老後資金が足りるかどうか心配です。

投資にも興味はありますが、ネット証券で以前、損失を出したことがあり、不安です。ネット証券自体のセキュリティも、どうなのかと思っています。

収支については、アプリで支出のみ管理しています。引き落としは口座で管理。全体的に把握はできていると思います。

【相談者プロフィール】
・女性、48歳、パート
・夫(52歳 会社員)、長男(20歳・大学2年)、次男(18歳・高校3年)
・手取り収入:相談者月収8万2,000円、夫月収42万1,000円・年間ボーナス約150万円
・貯金:夫1,200万円、妻600万円
・毎月の支出の目安:50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン):15万1,000円
・食費:7万5,000円
・水道光熱費:2万8,000円
・通信費:2万6,000円
・生命保険料:3万5,000円(学資1万円含む)
・日用品代:8,000円
・医療費:1万8,000円
・教育費(子ども関連費):3万2,000 円
・自動車関連費:1万5,000 円
・交通費:8,000円
・被服費:1万円
・交際費:5,000円
・娯楽費:7,000円
・こづかい:3万円
・その他:5万2,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ