【特集】早期リタイア「FIRE」を実現する方法は?実際にできるかプロに聞く

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、専業主婦の女性。3人の子どもがおり、夫の平均月収は140万程度と高収入。ところが、働き方がハードで健康面も心配だそう。もっとゆとりある働き方にしてほしいといいますが、どれくらいまでなら収入が減ってもやりくりできるでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

39歳専業主婦です。夫の働き方がこのままでいいのか悩んでいます。

夫も39歳、歩合の割合が高い営業職で、手取り収入は現在月140万円くらいです(毎月変動するので年間平均です)。去年も同じくらいでしたが、一昨年は月100万円くらいでした。来年はどうなるのと夫に聞きますが、成績次第だからはっきりしないそうです。

収入が高いのはありがたいのですが、かなりハードに働いており健康面などが心配です。家族の時間もあまり取れていないので、収入は下がってもいいから、もう少しゆとりがあって、固定給の安定した仕事に転職をしてもいいのではないかと考えています。

ただ、子どもが3人おり将来の教育費のことや、現在住宅ローンもまだあること、収入上昇とともに生活水準も上がっていることなどから、収入が下がっても大丈夫なのか心配です。逆にどれくらいの収入があればこの先安心できるのか、などを相談に乗って頂きたいです。

子どもは大学まで通わせたいと考えています。地方なので、仕送りが必要なことも考えておきたいです。現在保険などで積み立てていて、子どもが18才の時にそれぞれ600万円ずつの準備になるようにしてもらっています。

住宅ローンはあと2,000万円くらい残りがあります。繰上げ返済をした方がいいのかも悩んでいます。残り期間は25年で、金利は0.825%で、夫がガンになった時にローンがなくなる保険も付いています。

保険の支払いが月17万円と高いですが、そのうち13万円くらいが貯蓄型で、ほとんどが教育用として貯めています。掛け捨ての部分4万円くらいで少し高いのかなと思っていますがどうでしょうか。4万円のうち、1万5,000円くらいは父母の分を支払っています。

貯蓄は、銀行でする分と、つみたてNISAでする分をなんとなくで分けています。投資信託などは、収入が下がった時には積立額を下げるつもりです。

生活費は、食費と夫の交際費などは、もし転職となれば下げられると思います。一般的な生活費がどれくらいか分からないのですが、なんとなく使いすぎているという実感は持っています。

車は2台持ちで、夫は5年ごと、私は7年ごとくらいに買い替える予定です。それぞれ300万円くらいの予算を考えています。

将来に向けてどれくらいの貯蓄があればいいのか、そのためには今どれくらいの収入があればいいのか、などの目安が分かると嬉しいです。

(私自身は、事情があり仕事に就くのが難しい状況です。それもあり夫が頑張ってくれているのですが、あまり無理もさせたくないと思っています。今後は在宅でできる仕事も考えていきたいです)

長文になってしまいすいません。よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、専業主婦、既婚
・同居家族について:
 夫(39歳)、営業職、手取り月収140万円(平均、ボーナスはなし)
 子ども3人(13歳中2、11歳小6、6歳年長)
・住居の形態:持ち家(戸建て/福岡県)
・毎月の世帯の手取り金額:140万円(変動があるため平均)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:70万円

【支出の内訳】
・住居費:7万8,000円
・食費:15万円(夫の仕事での会食など含む)
・水道光熱費:2万5,000円
・教育費:9万円
・保険料:17万円(内13万円が学資などの積立)
・通信費:3万円
・車両費:4万円
・お小遣い:3万円
・その他:8万7,000円ペットの病院、趣味や娯楽、雑費、夫の交際費

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円(預金)、5万円(持株会)、5,000円(夫iDeCo)、6万3,000円(夫婦つみたてNISA)、40万円投資信託など
・現在の貯金総額:620万円
・現在の投資総額:1,100万円(つみたてNISA含む)、100万円(持株会)、24万円(iDeCo)
・現在の負債総額:2,000万円(残り25年、金利0.825%、ボーナス払いなし)
・老後資金:夫・厚生年金、妻・国民年金
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ