はじめに

迷うなら、分割投資からスタートして

「一括も分割も、その人の考え方次第。正解はない」と牛山さん。しかし「迷うようであれば、分割投資を選ぶべき」とも続けます。

「せっかく投資を始めたのに、一時期の値下がりで一喜一憂していては続けられません。分割投資なら『安く買えるチャンスが得られた』とポジティブに捉えることもできます」

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大など、予想もつかない出来事が起きました。相場の先読みはなかなかできませんが、「もし損しても、この金額なら大丈夫!」という心持ちでいられるように、手元にある余裕資金を少額ずつ分割で投資していくのが初心者向きかもしれません。

また、投資のリスクを考えたときに、「減ったときにどんな影響が出るかということも念頭に置いて欲しい」と牛山さん。

「老後の海外旅行資金として考えていた場合、思っていたほどのリターンがなくても『年3回行くつもりが年1~2回に減った』程度に受け止められるのであればOK。投資の利益で全て賄おうとして生活資金が足りなくなったり、家が買えなかったりするような事態にはならないように、投資する額を検討してください。また、リスクが増えすぎないように時々投資の内容を見直しすることも大事です」

次回は「投資の中身の作り方、見直し方」について伺います。

「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行う「ウェルスナビ」。執行役員リサーチ&クオンツの牛山史朗さん

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。