読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、45歳で退職したいという独身女性からのご相談です。現在は親の家で同居中の相談者。年収は約650万、貯蓄総額は5,000万円。仕事のストレスが大きいので、早期退職して旅行などを楽しみながらゆとりある暮らしをしたいと言います。希望は叶うでしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。

45歳で早期退職したいのですが、可能でしょうか。年収は約650万円、貯蓄は約5,000万円、貯蓄の半分は投資信託です。退職金は1,100万円程度の見込みです。

昨年、両親(73歳)が約2,700万円で戸建を購入し、同居しています。毎月5万円を生活費として入れています。この家は、私が相続する予定です。

父親は軽い認知症を持っていますが、母は元気です。両親の貯蓄は約1億円程度あり、老後はそのお金で賄う予定です。弟は結婚して、家を出ており、両親の面倒は自分が見ることになりそうです。両親からは生前贈与を提案されており、私と弟はそれぞれ数年かけて500万円程度贈与を受ける予定です。両親が亡くなったあとは、弟と半分ずつにするよう遺言を受けています。

現在、独身で結婚の予定はありません。仕事のストレスは大きく、子どももいないため、早期退職して、旅行などゆとりのある暮らしをしたいです。現在生活費は親が管理していますが、持ち家があり家賃がかからないこともあり、月12万円程度で暮らしていくことが可能と考えています。

生活費が厳しいようでしたら、クラウドソーシングなどで簡単な仕事はこなしたいと考えています。個別株にも興味があり、退職後は勉強して資産も増やしていけたらと考えています。また、3年程度退職を伸ばすと退職金が400万円程度増える見込みなので、もう少し長く働くことも視野に入れています。

これまで仕事に打ち込んできましたが、それなりに厳しく、早期退職して、旅行など楽しみたいです。

どうぞよろしくおねがいします。
※相談内容は一部編集しています。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、団体職員、独身
・同居家族について:両親は年金受給。貯金は約1億円ほどあり、それらで賄える見込み。介護や病気による世話の必要はある。
・住居の形態:親の持ち家(戸建・岡山県)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万円

【毎月の支出の内訳】
・毎月の世帯の支出の目安:13万円
・住居費:0円
・食費:0円
・水道光熱費:0円
・教育費:0円
・保険料:0円
・通信費:5,000円
・車両費:2万円
・お小遣い:5万円
・その他:5万円(生活費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:2,900万円
・現在の投資総額:2,100万円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ