はじめに

ボーナスがない場合は、手取り8%の貯蓄でセルフボーナスを

ボーナスは不確定要素が多く、増える場合もありますが、減ったり、でなくなったりする場合もよくあります。また、会社員から派遣社員、フリーランスなどに働き方を変えた場合も、ボーナスがなくなりますよね。

また、年棒制で、ボーナス込みのお給料が12か月に均等に振り込まれるケースもありますし、正社員でもボーナスがもともと全くない、という方もいるでしょう。

その場合は、急な出費や、欲しいものが出てきたときの支払いに備えて、月々の貯蓄を多めにしておくことをおすすめします。セルフボーナスとでもいいますか、手取り月収の8%ほどを貯めていけば、1年間で手取り1か月分ほどのお金になります。手取り20万円の人なら、1万6,000円ですね。「こんなにたくさん貯められない」という人は、月5,000円でも年間6万円になりますから、何か大きなものを買いたいときに役立つでしょう。ボーナスがない人は、ぜひこの「セルフボーナス」を始めてみてください。

ボーナスは人によって、また世の中の流れや会社の業績などによって、実に異なるものです。「不確定なもの」ととらえて期待せず、出なくても困らないように考えておきたいですね。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。