はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の男性。妻が出産にともない退職。相談者の22万5,000円の月収で暮らしていますが、毎月8万円の赤字が出てしまうそうです。家計再生のために何をするべきでしょうか? 「横山光昭のFPコンサル研究所」のFPがお答えします。

今まで共働きでしたが、産休の時期に妻が仕事を辞めてしまいました。妻が外国人であることと、2回目だったこともあり、産休、育休を申し出にくかったようです。そのため、それからは私の収入だけで暮らしているのですが、毎月大きな赤字となり、貯金が減っています。

全く贅沢をしていないのに、毎月の支出は30万円を超えています。赤字は今の状況では仕方がないと思えるのですが、この支出額は自分のことながら納得いきません。毎月8万円近く赤字になっています。

子どもはもう数カ月で1歳になるので、妻もそろそろ働こうとしてくれ、前の職場に復帰できることになっているのですが、復職後もこの調子だと、いつまでたってもお金が貯まりません。

子どものため、自分たちのためにもお金を貯めていきたいと思うのですが、どのように家計を改善するとよいでしょうか。今のままでは、そのうち貯金が底をついてしまいそうで不安です。

【相談者プロフィール】
・男性、40歳、会社員
・妻、34歳、専業主婦。息子、2歳。娘、10カ月
・手取り収入:月収22万5,000円、年間ボーナス約50万円
・貯金:約200万円
・毎月の支出の目安:30万円
【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃+管理費):4万円(6万5,000円のうち会社が2万5,000円負担)
・食費:8万1,000円
・水道光熱費:1万6,000円
・通信費:1万7,000円
・生命保険料:1万8,000円
・日用品代:1万5,000円
・医療費:1万2,000円
・教育費(保育園代、水泳): 3万4,000円
・交通費:6,000円
・被服費:1万円
・交際費:1万1,000円
・娯楽費:9,000円
・こづかい:1万円
・その他:2万1000円

FP:こんにちは。ご相談いただきありがとうございます。「横山光昭のFPコンサル研究所」のファイナンシャルプランナーの杉原裕介と申します。

奥様の復職が決まっているとのことなので、今が「踏ん張り時」だとは思いますが、ご相談者様のおっしゃる通り、このままズルズルいってしまうと貯金も底をついてしまうので、今のうちに「赤字家計習慣」から抜け出し「黒字家計習慣」にするために、毎月の収支を見直し、貯金が作れ、かつ多少の収入の増減にも揺るがない家計を作れるようにしたいものです。