はじめに

夫婦別財布でも、妻とお金の話を

妻の支出についてはノータッチということですが、ご夫婦でお金の話はしているでしょうか。家計状況がよく、貯金ができているご夫婦は、例え夫婦の家計は別であっても、互いのお金の状況、ご家庭のお金の状況についてよく話をしています。つまり、共有ができているのです。

お金について共有ができていれば、ある程度まとまった金額の買い物もご夫婦でできますし、お金に困った時にも一人で抱え込む必要がありません。2人で一緒に考えれば、よりよいお金の使い方もできるでしょう。節約をするポイントも共有できますし、お金を貯める目標も共有できます。つまり、お金を使うにも貯めるにも、効率がよくなるのです。

共働きだと、家計を一つに合わせることに抵抗がある場合も多いですが、生活費として共有する金額を多くしたり、互いの支出や貯金の状況を報告しあうなどして、共有を計ると良いと思います。

怖いのは、知らないうちにパートナーが借金をして首が回らなくなっていたというような状況になることです。それを防ぐためにも、お金の話をすることは大切です。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。