はじめに

ふるさと納税の控除上限額には要注意

確定申告の手続きが簡素化され、ますます使いやすくなったふるさと納税。ですが、ふるさと納税でできる寄附金控除の額(控除額上限)は、ふるさと納税をする人の年収や家族構成などによって異なります。

自己負担金2,000円で済むふるさと納税の控除額上限の目安

たとえば、年収500万円の独身の方が寄付する場合、年間の控除額上限はおよそ6万1,000円。この上限いっぱいまで寄付をした場合、自己負担は2,000円で、残りの5万9,000円分は所得税・住民税から差し引くことができます。

この上限を超える金額を寄付してもいいのですが、控除できる額には上限がありますので、上限に収めるのがもっともお得。総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」などで自分のケースをシミュレーションできますので、ぜひ試して上限を知った上で、ふるさと納税を活用しましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。