はじめに

50歳になったら、老後資産がリアルな問題として迫ってくる年齢です。実際どのくらいの貯金をしているのでしょうか。貯金ができてない50歳の心配に、ファイナンシャルプランナーが、今からできる資産形成を解説します。


60歳で貯金がゼロ、300万以下の割合は?

60歳で貯金がゼロ円、または貯蓄が300万円以下という人は、どのくらい割合でいると思いますか?

PGF生命は「2021年の還暦人に関する調査」を行なっています。これは2021年に還暦を迎える人を対象にしたアンケートです。それによれば、60歳時点での貯蓄額の平均は約3,026万円ですが、もっとも多く回答が集ったのは100万円未満で25%です。次いで、100~300万円未満が10.7%です。また、貯蓄額2,000万円未満の人は約66%という結果になっています。

平均の貯蓄額が3,026万円でも、300万円未満は約35%。つまり、3人に1人は老後資金の準備ができていないことになります。これをみると貯蓄がある人とない人が二極化しているのがわかります。

さてさて、貯蓄が300万円というのは、老後資金としては全然足りません。準備ができていないと言っていいでしょう。

そうはいっても、「これが現実だよ」「だって貯められなかったんだよ」という嘆きの声が聞こえてきそうです。

大丈夫、たとえ60歳で「貯蓄がゼロ」でも、なんとかできます!そのかわり、心して準備してください。

安易な手段に頼らないで、まずは働く

最初に、「貯蓄ゼロの老後」を想像してみてください。かなり暗い気持ちになってしまいます。

60歳で貯蓄がないと言う状態で、仕事を辞めてしまっては生活が成り立ちません。年金の受取りは65歳からなので、あと5年はあります。「繰り上げ受給をすればいい」なんて、安易に考えてはいけません。

繰上げ受給をすると年金の受給額が減ってしまい、それが一生涯続くことになります。結果的に自分の首を絞めることになるので注意です。生活保護を受ければいいという人もいますが、そんな簡単に受給することができません。持ち家があればダメですし、親族へ「扶養は可能か」という連絡がいきます。

ここは、まず「働く」ことを考えてみてください。

「なんだ、結局は働くのか」とガッカリしないでください。「働く」というのはシンプルですが、効果がもっとも大きな手段です。