<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、43歳・会社員の女性。同い年会社員の夫と2人暮らしの相談者。コロナ禍で収入が減ってからあまり貯金ができておらず、「40代の平均貯金額」に足りていないことを気にしています。FPは家計状況をどう見るのでしょうか? FPの横山光昭氏がお答えします。

DINKSです。これから先も夫婦二人で歳を取っていくと思うのですが、今の貯金の仕方で今後も大丈夫なのか、心配です。

コロナの影響で手当の支給が減り、収入がやや減りました。それからはあまり貯金ができなくなってしまいました。ですが、「40代の平均貯金額」をネットの記事などで見ると、令和2年で1,012万円と出ています。私たちはそれに足りていませんし、住宅ローンもあります。他の同年代のご家庭も、平均ほどの貯金を持っているのでしょうか。私たち夫婦が目標とすべき平均的な金額をお教えいただき、それを目標に貯金を増やしていきたいと思います。

また、貯金のペースを世の中の人に合わせるとしたら、支出をどのように減らしていくとよいでしょうか。収入が減ってからの生活を振り返ると、デリバリーの利用や、ネットスーパーの利用、定額の方がおトクだと思いサブスクをいくつか使い始めた、というところが変化したところだと思います。この使い方がよくないのでしょうか。

自分だけがきちんとできていないような気がしており、自信がありません。一般的なご家庭と同じようにやりくりしていけるよう、ご助言いただければと思っています。

【相談者プロフィール】
・女性、43歳、会社員。夫、会社員、43歳
・手取り収入月収:相談者20万4,000円、夫30万5,000円
・年間ボーナス:相談者約60万円、夫なし
・貯蓄:預貯金850万円
・住宅ローン:残高3,200万円(6年前に借り入れ、金利0.975%、35年ローン)
・毎月の支出の目安:49万 2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン+管理費):15万円
・食費(外食含む):7万2,000円
・水道光熱費(電気・水道): 1万8,000円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):1万7,000円
・生命保険料:9万1,000円
・日用品代:6,000円
・医療費:7,000円
・教育費(妻習い事):7,000円
・交通費:9,000円
・被服費:2,000円
・交際費:2万5,000円
・娯楽費:4,000円
・こづかい(夫婦分):5万円
・その他:3万2,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ