はじめに

投資をしてみたいと思っても、心理的なハードルを感じて、一歩踏み出せない人も多いのでは?

「損をしそうで怖い」「何を買ったらいいかわからない」「大きなお金が必要」「金融機関の窓口に行かなくてはならない」「相場をずっとみなくてはならない」などと考えて、「自分には無理だろう」とあきらめてしまう声もよく聞きます。

そんな方に始めやすいのが、「投資信託の積み立て」です。今回は、初心者に「投資信託の積み立て」がおすすめの理由について、6つお伝えします。


はじめての投資での不安が解決!

投資をしようと思ったときに、「株を買うこと」を思い浮かべる人も多いでしょう。個人で株に投資する場合、どの企業を選ぶか、いつ買うべきか頭を悩ませたり、大きなお金が必要だったりします。しかも、日本だけでなく、世界中の株をたくさん買う、というのはなかなか現実的ではありません。

ところが、投資信託なら、これらが解決します。多くの投資家から集めたたくさんのお金を、プロが世界中の株などに投資してくれる仕組みだからです。

その他にも、投資に対して不安を抱えているマネー初心者は、この「投資信託」を、毎月一定額で積み立てていく方法がおすすめ。その理由を6つお伝えします。

理由1 分散投資になり、ダメージがあっても小さい

投資を始めるときに「損をしそう」と不安になる人が多いでしょう。

ここで、知っておきたいことが「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の格言。一つのカゴに卵を全部盛ると、カゴを落としたときに、卵は全部割れてダメになってしまいます。

ところが、いくつかのカゴに卵を分けておけば、一つのカゴを落としたとしても、卵のダメージは1カゴ分ですみます。これは、投資をする際に、投資先を分散させれば、失敗した時の痛手が小さくなるというたとえなのです。

投資信託なら、投資先の分散が自動でできます。日本株だけでなく、海外の株など投資先を広げることもできます。投資先を分散させておくことで、何かあったときのダメージ小さくなります。