<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、48歳、会社員の男性。7,000万円の資金を元手に、3年後にFIREをしたいと希望している相談者。FIRE後には結婚も視野に。完全に仕事を辞めることはできるのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

48歳、独身。実家で母と同居しています。完全にFIREすべきかサイドFIRE(※編集部注 セミリタイア)すべきかで迷っています。

現在7,000万円を運用に回しています。現在の貯蓄額が4%で上昇していくと考え、51歳8,300万円を達成した時点でFIREしようと考えています。FIRE後は彼女と同棲または結婚することも考えており、一緒に住んだ場合は家賃光熱費込で10万円は払うことになると考えており、趣味の海外旅行を含めて、FIRE後の自分の生活費は30万円を考えています。

中小企業共済に5年間で420万支払っており、個人年金にも入っています(月1万5,000円支払うと65歳から月2万円を15年間貰えるもの)。

FIRE後のライフスタイルを下記の3つで悩んでいます。

(1)全く仕事をせず、中小企業共済を減額し65歳に受け取る、公的年金は減免、個人年金もFIREと同時に解約。生活費は8,300万円を運用しつつ取崩しながら生活する

(2)年収200万ほどの仕事をし、年金とiDeCo(1号)に加入し控除後の手取りを90万にするようにする(中小企業共済は最小限まで減額)

(3)年収280万ほどの仕事をし、年金とiDeCo、中小企業共済は払い続け控除後の手取りを90万にするようにする

正直、あまり働きたくないので(1)にしようかと考えていますが、年金や中小企業共済を払ったほうが良いかご意見いただきたく思います。薬剤師免許を持っているので、FIRE後も働こうと思えば働けます。

【相談者プロフィール】
・男性、48歳、会社員、独身
・配偶者の年齢:なし(彼女は30代で大企業技術職)
・同居家族について:母親(住居兼用の店で薬局経営、月収は不明)
・住居の形態:親の家で同居(大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:27万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:105万円
・毎月の世帯の支出の目安:15〜20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:1万5,000円
・通信費:5,000円
・お小遣い:10万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5〜10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:105万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):210万円(日本円90万、ドル120万円)
・現在の投資総額:7,000万円
・現在の負債総額:0円(ローン無し、退職金無し)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ