はじめに

よく「資産形成は無理のない程度に。毎月1万円でもとにかく続けることが大事」と言われます。確かに、初めの一歩はそれでも良いでしょう。ただ、本格的な資産形成をするには、それだけでは足りないのも事実です。


年5%のリターンはすごいのか

皆さんのなかには資産運用に興味を持たれて、投資信託で毎月コツコツと積立投資をしている人もいると思います。

では、皆さんは毎月買い付けている投資信託に、どのくらいのリターンを期待しているのでしょうか。年10%でしょうか。それとも年20%でしょうか。

それとも、「高いリターンの裏には高いリスクがあるので、元本を大きく割り込まれても困るし、怖いから、年5%程度もあれば十分」と思っていますか。

少し古い話題で恐縮ですが、5月に国際連合が発表した「世界経済状況・予測」によると、2021年の世界の経済成長率(実質GDP成長率)は5.4%でした。世界中の株式市場に分散投資を行った場合に得られる期待リターンが、この実質GDPにほぼ連動するとしたら、国際分散投資型の株式投資信託に期待されるリターンが年5%というのは、ある程度、合理的な数字なのかも知れません。

恐らく多くの人は、年5%のリターンが安定的に実現するなら、それはとてもすごいことだと思うのではないでしょうか。

日本がゼロ金利政策を採りだしたのは1999年ですから、かれこれ22年間という長い時間にわたって、超低金利が続いていることになります。今、成人している人はもちろんのこと、30歳前後の人にとっても、「金利ってなに?」というくらい、金利のない世界が常態化してきました。

そういう人たちの目から見れば、年5%のリターンが安定的に得られるのは、確かにすごいことのように見えるのかも知れません。