はじめに

生活防衛費を確保してからやるべきこと

まずは生活防衛費分を現金で確保しましょう。そして運用資産も利益がでているようであれば一部を売却しても良いでしょう。ただし、NISAやつみたてNISAなどの税制優遇枠を利用している場合は、売却によって非課税で運用出来る年数を少なくしてしまうのはもったいないので、毎月投資に回す金額を減らして現金貯蓄と投資のバランスをコントロールしていくと良いでしょう。

投資は、資産が増加しているときは強気になって「もっと投資したい」と、現金比率が少なくなりがちです。そして現金比率が少ないと、日々の生活で必要な支出や、万が一の時に必要な支出の対応ができず、運用資産を売却せざるを得なくなることがあります。市況が下がっているタイミングで損切りをしなければならないので、そうならないよう冷静に自分の中で投資のルールを持ちましょう。そして、長期・積立・分散を意識することと、現金を一定量しっかりと持って心とお金をコントロール出来ると安心して長期投資を成功させられると思います。

どこか参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を

この記事の感想を教えてください。