はじめに

次のステップは、貯金と投資を組み合わせて老後資金作り

家計の共有がある程度できたら、老後に向けての資産作りに取り組んでいきましょう。現在お互いにお持ちの貯金は婚前の貯金ですから、基本、それぞれの資産となります。ご夫婦の資産は、ご結婚されてからの収入で作らねばなりません。

家計を合わせると、貯蓄計画もしやすくなります。いまはまだ、「生活防衛資金」となるような蓄えはないようですが、毎月の余剰金をしっかり作り、貯金と投資をしていきましょう。始めは貯金の比率を多めにし、お金がたまってきたら投資の割を少しずつ上げていくようなやり方がよいでしょう。

老後資金などの大きな金額は、貯金だけではなかなか作り上げられません。老後資金作りに向いているiDeCoやつみたてNISA等を利用し、毎月積み立てていく投資を組み合わせていくことを検討してみましょう。これらは税制優遇されている制度で、長期投資を勧める制度でもあるので、複利の効果で、時間をかければかけるほど、お金を膨らませることができる可能性があります。50歳から始めれば、65歳まで15年、70歳まで20年運用することもできます。意識を合わせ、頑張ってみてください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!

この記事の感想を教えてください。