<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、アジアにおけるコロナ禍の中心地となっていたインドネシアで、ようやく沈静化の兆しが見えてきました。10月に入り、新規感染者数は1,000人を下回る日もあるなど、7月のピーク時の5万4,000人超から大幅に減少しています。

ポストコロナを見据える上で、インドネシアの足元の状況と今後の課題について整理したいと思います。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ